トップ 追記

屑俺日記

僕の備忘録(PC、UN*X、ネットワーク関連が中心)なんです。
自分の書いたところは適当(な時とか)に書き換えますので御了承を。


2021-12-07(Tue) 久々の雨。が止むとまた寒くなりそう

スマホで見えない絵文字?

U+1F64F(🙏:PERSON WITH FOLDED HANDS)は見えても、その隣の U+1F650(🙐:NORTH WEST POINTING LEAF)が見えないことに 気づく。Android(のChromeとFirefox)と、iPhone(Safari)で 確認。
もちろんPCでは(環境によってフォントは違うけど)見える。
BullseyeのFirefoxとWindowsのChromeなどで確認。

後者は「絵文字」ではないのかも。Blockが 「Ornamental Dingbats」になっていて、「Emoticons」 ではないし。

>>> for x in range(0x1f64e,0x1f682):
...     print(chr(x), end=",")
... 
🙎 🙏 🙐 🙑 🙒 🙓 🙔 🙕 🙖 🙗 🙘 🙙 🙚 🙛 🙜 🙝 🙞 🙟 🙠 🙡 🙢 🙣
🙤 🙥 🙦 🙧 🙨 🙩 🙪 🙫 🙬 🙭 🙮 🙯 🙰 🙱 🙲 🙳 🙴 🙵 🙶 🙷 🙸 🙹 🙺
🙻 🙼 🙽 🙾 🙿 🚀 🚁 

見える絵文字( U+1F680 🚀)でも、Blockが「Transport and Map Symbols」 だったりする。

Emocticonsを「顔文字」と書いてたりするが、「顔」で無いものも 多数と。
「顔文字」といったら(^_^)だったりするし。

環境によって見え方ばらばら

たとえば「🧔🏾‍♀️」(HTML Entityで表記)。

内容的には、「 あごひげの生えた人(性別未定義?)🧔」+「 浅黒い地色🏾」+「 ゼロ幅接合子」+「 女性♀」+「 異体字セレクタ」でできているようだ。

PC上では(LinuxもWindowsもChromeもFirefoxも) 「🧔🏽」と「♀️」の2文字に見えた。
AndroidのChromeでは 一文字に、Firefoxでは 2文字に見えた。
iPhoneのSafariでは、 一文字に見えた。


2021-12-05(Sun) 文句なしの師走

電話機を変えてみた

ずっと電話機として使用していたNichePhone-S 4G は、 来年1月には使えなくなる
ので、SIMカードをiPhoneSE初代に入れてみた。
カードサイズは同一で、送受信も問題なし。

満充電して、ネットワーク機能/Bluetoothを切って 通話のみ有効にしておいて、10時間ほど試用。
テスト通話数回、一分ほどかけると1%は減った。
でも現在96%くらい。
待受だけならかなり使える、かもしれない。

省電力を有効にする。電話の着信音設定を いじっているうちに、バッテリー残量は95%になった。


2021-11-29(Mon) かなり冬っぽくなって

UxPlayミラーリング

UxPlay

を試す。

iPhone SE(第一世代)とDebian(bullseye、sid)で確認。
バイナリパッケージはないらしい。
GitHubでソース取得。サイトの説明 通りにしてインストールできた。

src/UxPlay/build$ ./uxplay
 
*** WARNING *** The program 'uxplay' uses the Apple Bonjour
 compatibility layer of Avahi.
*** WARNING *** Please fix your application to use the native
 API of Avahi!
*** WARNING *** For more information see
 <http://0pointer.de/blog/projects/avahi-compat.html>
Accepted IPv4 client on socket 24
Local: $PC_IP_ADDR
Remote: $iPHONE_IP_ADDR
Accepted IPv4 client on socket 26
Local: $PC_IP_ADDR
Remote: $iPHONE_IP_ADDR
raop_rtp_mirror starting mirroring
raop_ntp receive timeout
raop_rtp_mirror tcp socket closed
Connection closed for socket 24
Destroying connection
Connection closed for socket 26
Destroying connection

iPhone側で「ミラーリング」の項目を見つけるのに手間取った (iPhoneSEは下からスワイプ)。
「ミラーリング」だけあって、 scrcpyとは違い、 PC側からは操作できない。
接続はLANで行っているらしい。有線でもOK。
動画を再生すると、iPhone側は表示しなかった。

複数台でUxPlayを起動すると、iPhoneはその 識別ができず、 どちらも繋がらない
片方を停止しても、もう片方を再起動しても回復せず、 iPhoneを再起動してようやく。


2021-11-25(Thu) 晴れたけど

qcow2

前に少し試したはずだけど。

$ qemu-img convert -O qcow2 os.img os.qcow2

でqcow2形式になった。
昨日のようにUEFIにしてから、逆変換と。

$ qemu-img dd -O raw if=os.qcow2 of=os_raw_uefi.img

などもやってみた。ddrescueでイメージをリストアする。
無事起動できた。

WinはいいがUbuntuは

C:\WINDOWS\system32>diskpart
 
Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.964
 
Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: HOGEHOGE
 
DISKPART> list disk
 
  ディスク      状態           サイズ   空き   ダイナ GPT
  ###                                          ミック
  ------------  -------------  -------  -------  ---  ---
  ディスク 0    オンライン           223 GB  1445 MB
  ディスク 1    オンライン           111 GB    71 GB
C:\WINDOWS\system32>mbr2gpt /validate /disk:1 /allowFullOS
MBR2GPT: Attempting to validate disk 1
MBR2GPT: Retrieving layout of disk
MBR2GPT: Validating layout, disk sector size is: 512 bytes
Cannot find OS partition(s) for disk 1

やはり違うものを探さないと。
と思っていたが、virt-managerでインストールした Ubuntu(18.04からアップグレードして20.04)は、 ddrescueなどでディスクに書き出すと、 あっさりMBR(複数で確認)/UEFI(今の所一台だけ)の どちらのPCでも起動できてしまった。

$ sudo gdisk /dev/sda
GPT fdisk (gdisk) version 1.0.8
>
Caution: invalid main GPT header, but valid backup; regenerating
 main header from backup!
>
Warning: Invalid CRC on main header data; loaded backup partition
 table.
Warning! Main and backup partition tables differ! Use the 'c' and
 'e' options on the recovery & transformation menu to examine the
 two tables.
>
Warning! Main partition table CRC mismatch! Loaded backup partition
 table instead of main partition table!
>
Warning! One or more CRCs don't match. You should repair the disk!
Main header: ERROR
Backup header: OK
Main partition table: ERROR
Backup partition table: OK
>
Partition table scan:
  MBR: MBR only
  BSD: not present
  APM: not present
  GPT: damaged
>
Found valid MBR and corrupt GPT. Which do you want to use?
 (Using the GPT MAY permit recovery of GPT data.)
 1 - MBR
 2 - GPT
 3 - Create blank GPT
>
Your answer:

同じ環境にあるDebian Sidも同様。

busterからbullseyeへ

RaspberryPiOSをアップグレードしたらdhcpできなくなった。
適当に検索したら、dhcpcdのパスが変わったのが敗因と思われた。
/etc/systemd/system/dhcpcd.service.d/wait.conf を書き換えて解決。

gdisk

で普段のPS42を見てみた。

$ lsblk
NAME               MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE  MOUNTPOINTS
nvme0n1            259:0    0 476.9G  0 disk  
├─nvme0n1p1        259:1    0   512M  0 part  /boot/efi
├─nvme0n1p2        259:2    0  93.1G  0 part  /
├─nvme0n1p3        259:3    0  18.6G  0 part  [SWAP]
└─nvme0n1p4        259:4    0 364.7G  0 part  
  └─_dev_nvme0n1p4 254:0    0 364.7G  0 crypt /home/$USER
$ sudo gdisk /dev/nvme0n1
GPT fdisk (gdisk) version 1.0.8
 
Partition table scan:
  MBR: protective
  BSD: not present
  APM: not present
  GPT: present
 
Found valid GPT with protective MBR; using GPT.
 
Command (? for help):

2021-11-24(Wed) ここ数日、急に冷たい風が強く

MBR2GPT.EXE

MBR2GPT.EXE

仮想環境のWinを外に出してみるテスト。
移行するしないはまた後で。

ディスクイメージはRAWなので、ddrescue で ストレージに出せばおしまい。これは簡単。

少し古いマシンならそのまま動く。当然。

問題はUEFI。仮想マシンはBIOSだった。
適当に検索すると、Win10に 変換コマンド が。
USBで既存のWin10に接続し、管理者権限で起動したコマンドプロンプト で実行。
ディスク番号は予めdiskpart.exeで調べておく(disk list)。
違うバージョンの場合に /allowFullOS が要るらしい。

C:\WINDOWS\system32>MBR2GPT /validate /disk:1 /allowFullOS
MBR2GPT: Attempting to validate disk 1
MBR2GPT: Retrieving layout of disk
MBR2GPT: Validating layout, disk sector size is: 512 bytes
MBR2GPT: Validation completed successfully

どうやらできそう、ということで本番。

C:\WINDOWS\system32>MBR2GPT /convert /disk:1 /allowFullOS
 
MBR2GPT will now attempt to convert disk 1.
If conversion is successful the disk can only be booted in GPT mode.
These changes cannot be undone!
 
MBR2GPT: Attempting to convert disk 1
MBR2GPT: Retrieving layout of disk
MBR2GPT: Validating layout, disk sector size is: 512 bytes
MBR2GPT: Trying to shrink the system partition
MBR2GPT: Trying to shrink the OS partition
MBR2GPT: Creating the EFI system partition
MBR2GPT: Installing the new boot files
MBR2GPT: Performing the layout conversion
MBR2GPT: Migrating default boot entry
MBR2GPT: Adding recovery boot entry
MBR2GPT: Fixing drive letter mapping
MBR2GPT: Conversion completed successfully
Call WinReReapir to repair WinRE
WinReRepair Succeeded
MBR2GPT: Before the new system can boot properly you need to switch
 the firmware to boot to UEFI mode!

新しいPCのUEFI環境下では少し躊躇っていた様子だったが、 やがて順調に起動できた。


2021-11-21(Sun) 薄曇りの晴れ。しばらく書く気になれず

ufw簡略に。

$ sudo ufw allow from IP_ADDR to any  port PORT1,PORT2,.. proto tcp|udp
$ sudo ufw status numbered 
Status: active
 
     To                         Action      From
     --                         ------      ----
[ 1] 60000:60004/udp            ALLOW IN    IPv4_ADDR              
[ 2] 22,587,993/tcp             ALLOW IN    IPv4_ADDR              
[ 3] 25,80,443/tcp              ALLOW IN    Anywhere                  
[ 4] 60000:60004/udp            ALLOW IN    $IPv6_ADDR1        
[ 5] 25,80,443/tcp (v6)         ALLOW IN    Anywhere (v6)             
[ 6] 22,587,993/tcp             ALLOW IN    $IPv6_ADDR2
[ 7] 22,587,993/tcp             ALLOW IN    $IPv6_ADDR1        
[ 8] 60000:60004/udp            ALLOW IN    $IPv6_ADDR2

Submission Portなんてごく一部に開放すれば足りるだろう。

接続テスト

$ openssl s_client -servername $SERVER -connect $SERVER:$SERVICE

$SERVICEは/etc/servicesにあるとおり。
imapsとかpop3sとかhttpsとか。


2021-11-03(Wed) 日の出直後は雲が多くても、少し経つと快晴に

waifu2x again

ソフトの名前など覚えてもおらず、ソースから ビルドしたはず、といった記憶を辿って ソースディレクトリの置き場を見回して ようやく。

今回は 本来読むべきものを少し読み直し、nvidia-cuda-toolkit などを突っ込んで、再度ビルドしてみた。
git pullとかもやって、make installも。

$ lspci | grep NVIDIA
01:00.0 3D controller: NVIDIA Corporation GP108M [GeForce MX250] (rev a1)
$ waifu2x-converter-cpp -l
   0: NVIDIA GeForce MX250                           (CUDA      ): num_core=3
   1: NVIDIA GeForce MX250                           (NVIDIA-GPU): num_core=3
   2: Intel(R) Core(TM) i7-8565U CPU @ 1.80GHz       (FMA       ): num_core=8

前回と同じテストを、もう一度。

$ time waifu2x-converter-cpp --scale-ratio 4 \
> -m scale -p 1 -i 20140529_01.png -o 4x.png
Writing OpenCL-Binary to: $DIR/.waifu2x/NVIDIA_GeForce_MX250.bin
OpenCL: NVIDIA GeForce MX250
Processing file [1/1] "$DIR/junk/20140529_01.png":
Scaling image from 256x144 to 1024x576
 
Step 01/02: 2x Scaling
Proccessing [1/1] slices
2x Scaling:
Processing block, column (01/02), row (01/01) ...
total : 0.205[sec], 0436.68[GFLOPS]
Processing block, column (02/02), row (01/01) ...
total : 0.020[sec], 0246.44[GFLOPS]
 
Step 02/02: 2x Scaling
Proccessing [1/1] slices
2x Scaling:
Processing block, column (01/03), row (01/02) ...
total : 0.324[sec], 0469.95[GFLOPS]
Processing block, column (02/03), row (01/02) ...
total : 0.330[sec], 0461.31[GFLOPS]
Processing block, column (03/03), row (01/02) ...
total : 0.034[sec], 0368.32[GFLOPS]
Processing block, column (01/03), row (02/02) ...
total : 0.067[sec], 0408.59[GFLOPS]
Processing block, column (02/03), row (02/02) ...
total : 0.065[sec], 0419.99[GFLOPS]
Processing block, column (03/03), row (02/02) ...
total : 0.009[sec], 0257.81[GFLOPS]
Writing image to file...
 
Done, took: 2.888s total, ETA: 0.000s, file: 1.249s avg: 2.888s
Finished processing 1 files
Took: 2.888s total, filter: 1.053s; 0 files skipped, 0 files errored. 
[GFLOPS: 162.07, GFLOPS-Filter: 1.05]
 
real	0m3.084s
user	0m2.952s
sys	0m0.133s

同じ機器で、二倍くらいのスピードになったことは、分かった。

nvidia-smi

sidに入っていた。いつ入れたのか覚えていない。さっき どれかに混ざって入ったかもしれない。
適当にwaifu2x-converter-cppを走らせているさなかに実行。

$ nvidia-smi
Wed Nov  3 10:34:32 2021       
+-----------------------------------------------------------------------------+
| NVIDIA-SMI 470.74       Driver Version: 470.74       CUDA Version: 11.4     |
|-------------------------------+----------------------+----------------------+
| GPU  Name        Persistence-M| Bus-Id        Disp.A | Volatile Uncorr. ECC |
| Fan  Temp  Perf  Pwr:Usage/Cap|         Memory-Usage | GPU-Util  Compute M. |
|                               |                      |               MIG M. |
|===============================+======================+======================|
|   0  NVIDIA GeForce ...  On   | 00000000:01:00.0 Off |                  N/A |
| N/A   36C    P0    N/A /  N/A |    293MiB /  2002MiB |     99%      Default |
|                               |                      |                  N/A |
+-------------------------------+----------------------+----------------------+
                                                                               
+-----------------------------------------------------------------------------+
| Processes:                                                                  |
|  GPU   GI   CI        PID   Type   Process name                  GPU Memory |
|        ID   ID                                                   Usage      |
|=============================================================================|
|    0   N/A  N/A       799      G   /usr/lib/xorg/Xorg                  4MiB |
|    0   N/A  N/A     19075      C   waifu2x-converter-cpp             287MiB |
+-----------------------------------------------------------------------------+

まだまだ、使用状況は微々たるもの、ということか。


2021-11-01(Mon) 秋らしい虫の声と、早朝のカノープスが乙と

Mioへのメール送信が

なぜか遅い。VPSのメール/WWWサーバからのSMTPに限って。

$ time { echo test | s-nail -A mio -s test $MAIL_ADDR ; }
 
real    0m43.457s
user    0m0.012s
sys     0m0.000s

手元環境(WiMax)は普通に。もちろん設定は同じ。

$ time { echo test | s-nail -A mio -s test $MAIL_ADDR ; }
 
real	0m1.276s
user	0m0.009s
sys	0m0.000s

他のメールサーバ向けはちゃんと。

$ time { echo test | s-nail -A yahoo  -s test $MAIL_ADDR ; }
 
real    0m0.892s
user    0m0.006s
sys     0m0.005s 

ufwかなぁ。見直しは後で(こら。


2021-10-27(Wed) 1024x768の対角20cmでも

アナログで

アナログ電流計

充電中の電流を測ってみた。撮ってタイムラプス動画にしてみた。
スリープをOFFにできないため、時々(30分以内に)いずれか のボタンを押す必要があった。時々位置がずれているのはそのため。

構図がいまいちになった。中心の位置がずれてるかも。
針がゼロになって、かなり経ってからLEDが青く光るようになった。
約10秒に1コマで24fps。最初から最後までの時間差1時間43分10秒。 再生に25秒。ざっと247.6倍速になった。

デジタルとの違いは如何に。


2021-10-25(Mon) 朝から雨

chrome リモートデスクトップ refesh

remotedesk

既に忘れてしまっていたので、またゼロからやり直す。
今回は、特定マシン(Sid)に入った仮想マシン(Bullseye and Windows10)でやってみた。

スクリーンショットで「それなり」に見える よう、仮想マシンの解像度を変えたり、マシン内部の ウィンドウを伸ばしたり縮めたり、にかなり時間がかかった。

書いてから検索して確認した、 前回の記事では、違うGoogleアカウントでは試さなかった、 はず。

アクセスコードが合っていれば、アカウントが違っていてもいいらしい、 ことは確認できた。


リンクはご自由にどうぞ。でもURLや内容が変った場合はあしからず。

index.htmlは ここから。